カテゴリー別アーカイブ: 未分類

東京駅近辺の格安ホテル情報

東京駅から徒歩圏内の格安ホテルについて書こうと思いますが、まず最初に参考サイトを紹介しておきます。
参考サイト:東京駅 格安ホテル

では、書いていきます。
東京駅から徒歩圏内というとやはり高級ホテルが多いです。
格安ホテルという条件だとかなり絞られます。
参考サイトでは「センターホテル東京」と「相鉄フレッサイン東京京橋」がおすすめされています。
実際どちらのホテルも東京駅から徒歩10分程度で料金は安めです。
宿泊料金は宿泊する日によって変動しますので具体的な金額はかけません。
参考サイト経由で宿泊予約サイトにアクセスして確認してください。
もしかしたら「これで安いの?高く感じるよ」という人もいるかもしれませんが、間違いなく安いはずです。
他の東京駅周辺ホテルの宿泊料金を見れば安いのがわかるはずです。

この2つのビジネスホテルでも高く感じるようでしたらカプセルホテルという選択肢もあります。
カプセルホテルというのはほぼ寝るスペースだけが用意されている簡易型のホテルのことです。
手荷物はフロントに預けたり鍵付きロッカーに入れて、寝るとき以外はラウンジなどで過ごします。
参考サイトでは「カプセルバリュー神田」というカプセルホテルが紹介されていますがここは男性専用のようですし、東京駅からはちょっと距離があります。
そこで代わりにおすすめしたいのが「東京日本橋BAY HOTEL」です。
このカプセルホテルなら東京駅から10分以内ですし、女性でも宿泊可能です。
カプセルホテルということもあり宿泊料金はかなり安いです。

顔のシミに使えるおすすめの化粧品

顔のシミを消せる化粧品を探している人はいますか?
化粧品の場合には薬ではないので具体的な効能などを謳えないなどの法律的な制限があるようですが、顔に使うシミ用の化粧品というものは存在します。
参考:シミに効く化粧品

シミ用の化粧品にはハイドロキノン配合化粧品とそれ以外があります。
ハイドロキノンという成分はシミ用クリームにはよく入っている成分ですが、お肌への刺激が強い成分です。
そのため配合されている濃度に制限があったり、外国では発がん性の問題が懸念されていて、国によっては様々な規制がされています。
日本でも2000年代になるまでは化粧品にハイドロキノンを配合することは禁止されていました。
ただ、現在日本で販売されているハイドロキノン配合シミ用化粧品に関しては、使用上の注意を守って使えばそこまで心配しなくてもいいと思います。
使用上の注意とは例えば

  • 顔に本格的に使う前に腕などに塗って異常が起こらないかパッチテストを行う

  • 日焼け止めを併用して、いつも以上に紫外線対策を行う
  • 同じ箇所に1年以上使用するなど、同一箇所に長期間使用しない
  • その他にも使用中に異常を感じたら使用を中止して医師の診断を受ける

などがあります。

ハイドロキノンの副作用として白斑というものがあります。
お肌のもとの色が白く抜けてしまう副作用で、高濃度のハイドロキノンクリームを同じ箇所に長期間使用し続けると起こる場合があります。
また、ハイドロキノンは酸化しやすく、酸化したハイドロキノンは使わないようにします。
酸化を防ぐためには冷暗所に保管して、なるべく短期間に全部使い切ります。

さらなる詳細は、購入した化粧品の使用上の注意をよく読んで確認してください。

また、余談ですがハイドロキノンはビタミンAの一種であるトレチノインと併用されることも少なくないです。

ここまで読んで「ハイドロキノン配合化粧品はなんかちょっと怖いなぁ・・・」と思った人はハイドロキノンが入っていないシミ用クリームをまずは試してみるといいです。
最初の参考サイトでも紹介されていますが、ブライトニングフォーミュラという使用クリームにはハイドロキノンが入っていません。

サンプル Seek & Destroy

 屋根なし傘

おぼろお月さんは
花嫁さん
屋根なし傘を
さしてゐる

おぼろお月さんは
花嫁さん
屋根なし傘で
濡れてしまふ

丸い蛇の目の
傘を
おぼろお月さんに
かしてやろ

おぼろお月さんは
花嫁さん
星根なし傘で
濡れてしまふ

 丁度、八日目の夜明け方に、長鍬の長者はたうとう攻め落されて了つたぢや。その時長者は、黄金の甕を下僕に負はせて、今もこの村の真中に流れてゐるあの川の岸まで落ちのびて来たのぢやが、毎日の五月雨で水は増してゐるし、橋も舟もないし、困り切つてゐると、車の庄の家来は、後から後から追ひかけて来たのぢや。長者は、せめて黄金の甕だけでも敵に渡すまいと、急いで河原の土を掘つて埋めて了つたのぢや。そのまま長者も下僕も討死にして了つたから、黄金の甕を埋めたことも、埋めた場所も、誰一人知らずに幾百年も幾百年も過ぎて了つたのぢや。
 それからだんだん歳がたつて、沼は田甫になるし、家の数は増えて来るし、まるつ切りこの村が変つて了つた、今からおよそ百年も前ぢやが、あの川縁へ、跛の一ツ目小僧が出たのぢや。

うとうととまどろみかけた頭のなかに
すぐぶんぶんとひびきながら
私の身体のところどころをへし折りはねとばし
すばらしい勢いで回転している調帯の幻影

いつでもいつでも
夜でも昼でも私は調帯にせめられている

まっくらがりのなかで
ぶんぶんうなりながら回転している調帯!
手を折られ足を折られた私のめのまえへ
疲れきったあたまのなかから
ひょっくりひょっくりあらわれてくる